政策

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

夢と誇りある御殿場を!

進めていきます4つの取り組み

  1. 経済活性化
  2. 地域医療体制・子育て支援の充実
  3. 危機管理体制の強化
  4. 魅力発信の強化

若林洋平は実現します!
「人口が増えつづけるまち御殿場」

駅前整備の推進 ~富士山にふさわしいまち~

●富士山口に富士が見える中空ステージの実現。
●乙女口の秩序あるまちづくり。
●アグリモールの整備
●子どもやお年寄りをはじめ、市民が集える場所づくり。
●交流人口、滞在人口のさらなる向上、ホテル等の誘致。
●日本一の御殿場コシヒカリ、みくりや蕎麦のブランド化。

スポーツ、観光のまちづくり

●オリンピック・パラリンピックに向けてスポーツツーリズムの推進。
●観光協会、商工会、体育協会との連携によるスポーツタウンの確立と観光振興策の推進。
●武道館、アリーナ、野外総合施設等の整備・計画の推進。
●合宿施設、宿泊施設の誘致。
●大型誘客施設との更なる連携による駅前、市街地への誘客。
●市内の林道を整備し、ウォーキングロード、サイクリングロードとして活用。

世界の誇れる世界に誇れる景観・環境づくり

~ギネスに挑戦~

●エコガーデンシティー構想の推進
●森林整備と木質バイオマスによる地産地消の推進
●富士山眺望都市、ビュースポットを新設
●世界一長いサクラ・モミジ街道でギネスに挑戦。
●御殿場の木材で作る世界一長いベンチの設置
●外国人観光客の誘致に必要な交流拠点やWiFiの整備。

真の子育て支援日本一を目指して!

~子育て世代を応援します~

夢と誇りある御殿場を!
●月々の給食費を半額補助!
●第3子以降出産お祝い金100万円!
●子ども医療費・妊婦検診・不妊症治療の助成継続
●高校3年生相当まで子ども医療費助成を継続!
 ※県内では御殿場市・御前崎市・西伊豆町だけ!
●発達障がい支援、障がいをもつお子さん及び障がいをもつ方への支援の更なる充実。
●子ども条例、いじめ防止基本計画の浸透。
●ドアtoドアデマンド交通等の新たな交通手段の導入
交通手段の確立。

インフラ整備の促進

◦駒門PA、足柄SAのスマートIC設置
◦R138バイパスの早期開通
◦新東名の早期開通及び新IC付近の道路整備促進
◦団地間道路の早期開通
◦防災危機管理体制の一層の充実

農商工業の更なる発展

◦経済対策第3弾の実施
◦御殿場型農業支援の推進
◦観光地に似合う御殿場駅をめざし、
 乙女口・富士山口の大規模改革
◦工業団地の拡大・新設及び
 企業誘致の更なる促進

自衛隊との真の共存共栄

留守家族支援の継続

◦防衛技術博物館の早期実現
◦退職自衛官の雇用促進

若林洋平の実績

子ども医療費助成対象を高校3年生相当まで拡大
他、妊婦検診・不妊症治療助成を継続しています。

子ども条例、いじめ防止基本計画の策定
金銭面だけではない真の子育て支援を目指します。

経済対策第2弾の実施(商工業バージョン)
住宅建設等の助成事業を行い3年間で94億円、店舗改装等は1年間で28億円の経済波及効果を得ました。

工業団地の新設及び企業誘致
すべての工業団地が埋まり、雇用機会を創出しています。

複合型景観条例の策定
観光施設における土地利用の大幅な規制緩和を行っています。
富士山眺望遺産の指定、太郎冠者(椿)の移植等

新ごみ処理施設の供用開始
ストーカ炉にすることにより、RDFに比べ年間8億円、溶融炉に比べると4億円の稼働コストの削減ができました。

エコガーデンシティ構想構築

観光ハブ都市構想の推進(スポーツ観光推進)

駒門PAスマートIC、R138バイパス、御殿場駅乙女口他インフラ整備の推進
オリンピック・パラリンピックにおけるホストタウン(台湾)決定

防災危機管理体制の充実
富士山噴火を想定した広域避難計画の確立と防災訓練の実施をしています。

この他にも50項目以上の施策・政策を実施してきた成果が以下の通りです。

■有効求人倍率 大幅アップ
※平成21年 0.44倍 → 平成28年 1.72倍

■定住人口、交流人口、滞留人口の増加
※定住人口 370人増(昨年比)
※交流人口 194万人増(平成21年→平成28年)
※滞留人口 39万人増(平成21年→平成28年)
住みよさランキング 県内ダントツ1位

夢のあるまちづくり構想実現へ!
若林洋平は進化し続けています!

平成21年、県内で一番若い市長として誕生した若林洋平は、持ち前の正義感。負けず嫌い。行動力で果敢に行政に飛び込み、強い実行力で御殿場市を住みよい街に変えてきました。
中身の濃い8年間でした。
柔軟な若い力と優れた経営感覚、豊富な行政経験が御殿場市には必要です。